レンタルドレスは計画的に

結婚式は新郎、新婦両方が主役です。その主役を引き立てるものそれがウェディングドレスやスーツです。
これは、結婚式場でレンタルする事や貸衣装の専門店などで借りる事が出来ます。
結婚式シーズンになると、レンタルをする人が多くなってくるので早めに好きなドレスやスーツをレンタル予約しておくといいでしょう。

流れとしては、式場などに問い合わせをして貸衣装をしてくれるかを確認して、新郎新婦の柄を合わせたりします。そして、式場で借りる事ができる場合には当日に式場で準備をする事ができますが、違う店舗で借りる場合には事前に衣装を取りにいく必要があります。

<ゲスト向け>今どき結婚式は『大人』『きちんと感』『上品』なレンタルドレスがオススメ♪- NAVER まとめ

衣装の返却は、2泊3日が通常のパターンです。延滞をしてしまう事で、延滞料金が発生するので、きちんと期限を守って返却をしなければいけません。レンタル料金の中には、クリーニング料金も含まれています。しかし、あまりに酷い汚れの場合には別途請求をされる事があるので、契約のときに、説明をきちんと聞くようにしましょう。

貸衣装専門店によっては、付属品で別途料金がかかる事あります。なので、事前にお店の方に確認をしておく必要があり、結婚式を執り行う為には色々な準備をしなければいけません。その為に、全ての時間を衣装にかけるわけにはいきません。事前に計画を立ててスケジュールを組むことによって、迅速に結婚式準備をする事ができると思います。
晴れの舞台を大成功させる為にも、新郎新婦と協力をして計画を進めていきましょう。

私が着たマーメイドラインドレスは、女性の体に沿ったラインで細身のタイプになります。上半身から膝まで体に沿うように流れており、膝から下にかけて人魚のように魚のヒレを想像させるような裾が広がります。このヒレのようなスカートがこのドレスの一番の特徴です。実際、すその部分を漂わせて歩く姿が美しさをさらに際立たせていました。会場の照明もブルーがかっていたので、まさに海の中を泳ぐマーメイドのようでした。

成人式の振袖はレンタルがおすすめ!

長崎でウエディングを挙げる予定なのですが、式場選びに迷ってます。情報サイトをみていると、後悔しない会場選びのコツとして結婚情報誌を信用し過ぎないと書いてます。確かに悪いところは載せないですよね。ですので実際に自分の目で見てみることにします。次にランチに行くことが書かれてます。これも自分が参加した結婚式の良し悪しは料理に影響されてるなと思い実感しました。最後に日取りにこだわり過ぎないとかかれてました。早めに抑えないと人気のある日はすぐに埋まってしまうことが挙げられてましたがここは正直?という感じでした。